読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寒い朝

コンピュータ系のことを書きます

Firefox用ポップアップ辞書アドオン「Light Dict」

お知らせ


  • 2016/11/12
    • 0.3.0から設定内容を変更したので、今までの設定がリセットされます。もとに戻す場合は再設定をお願いします。
  • 2016/8/8
    • 0.2.0とそれ以前のバージョンは Firefox 48 で動作しません。最新版へのアップデートをお願いします。

概要

f:id:microwaver17:20160328000306p:plain:right:w96

Webページ上やFirefox内蔵のPDFビューア内で選択した英単語・成句を辞書サイトで検索し、その場でポップアップ表示されます。検索ボックスに入力しての検索や検索履歴機能もあります。

使える辞書は、 Weblio・goo辞書・コトバンクUrban Dictionary です。

コンセプト

  • 単語の意味を調べることに特化 (翻訳はしない)
  • 何度も検索している単語が何かわかる
  • 例文もわかる
  • インストール・設定が簡単
  • weblioPaneの代替

リンク

使用例

f:id:microwaver17:20160327230545p:plain:w300 f:id:microwaver17:20161125215401p:plain:w300 f:id:microwaver17:20161125215415p:plain:w300 f:id:microwaver17:20161125215418p:plain:w300

よくある (ありそうな) 質問

  • 広告が邪魔だ
    • 元の辞書サイトの広告なので仕方ありません。ちなみにAdblock Plusは使えます。

既知の不具合

  • インラインフレーム・テキストエリア未対応
    • ツールバーのボタンを押すと検索ボックスが出てくるので、そこにコピペして検索してください。
  • 発音ボタンが正しく表示できない
  • キーボードイベントをフックするアドオンとの相性(vimperatorなど)
    • vimperatorであれば、Shift + Esc (またはInsert) で一時的に無効化すれば使えます。
    • ツールバーにボタンを追加したので、それを使ってください。
  • Weblioがで404ページに飛ばされる*2
    • 飛ばされないためにトリッキーなことをしているので、上手く行かない可能性はあるが、再現できなかった
  • コトバンクが表示されない*3
    • 併用する拡張機能によって表示されないらしいが、再現できなかった

お問い合わせ

バグ報告・質問・要望などは下記のメールアドレスやコメントに送ってください。

プロフィール欄のはてなID(「id:」は除く) アットマーク ホットメール ドットコム

バージョン履歴

  • 0.0.1 (2016/3)
    • 最初のバージョン
  • 0.0.3 (2016/3)
    • Weblioに加え、goo辞書・コトバンクを追加
    • 2語以上の単語に対応 (“United States” など)
  • 0.2.0 (2016/4)
    • ロード中にクルクルを表示するようにした
    • 記号を含む単語に対応 (“e.g.” など)
  • 0.2.1 (2016/8)
    • Firefox 48 で動作しない不具合に対応
  • 0.3.0 (2016/11)
    • あの Urban Dictionary に対応
    • 2つのキーにそれぞれ別の辞書を当てて使えるようにした
    • 検索結果パネルの表示位置がおかしくなる現象を修正
    • リロードしないと設定が反映されない現象を修正
  • 0.4.0 (2016/11)
    • 検索履歴機能の追加
    • ツールバーのボタンからの検索機能の追加

補足

以前はweblioPaneが使えたのですがFirefoxのバージョンアップに追従しなくなってしまったので、同様なアドオンを作りました。もうすぐアドオンの推奨SDKがWebExtentionになるので、いま新規にアドオンを作るのは後々二度手間が発生しそう、とはいっても今使えるものが必要であることも、またしかり。 そもそもChromeにある「Weblioエクステンション」がFirefoxにあればいいのに。まあ、とにかく使ってください。

※追記

ついに、2017年11月14日リリース予定のFirefox 57からWebExtentionしか使えなくなる。Light Dictは一応WebExtentionを念頭に置いて開発してきたつもりなので、そんなに難しくなく書き直せるはずだ。